目には見えなくても、私たちが暮らす日常空間には様々な細菌が潜んでいます。 その対策として有効な手段が、塩と水で電気分解して生成する「電解水」。 洗浄力の「アルカリ性電解水」と除菌力の「酸性電解水」が、食中毒や施設内感染の防止に活躍します。 しかも、生成には薬品類をいっさい使用しないため、安心してご使用いただけます。 食品業界や福祉施設をはじめ幅広いシーンで、清潔な環境作りをサポートします。

細菌への防御力なら、「電解水」です。

細菌への対策として有効な手段が「電解水」です。

洗浄力の「アルカリ性電解水」。除菌力の「酸性電解水」。

電解水の二つのチカラが、細菌を除去した真の「清潔」を実現。

電解水の生成に必要なのは、

「水」と「塩」と「電気」だけ

電解水の生成に特別な原料は必要ありません。必要なのは「水」と「塩」と「電気」だけ。 水道水に含まれているカルキや有機塩素化合物、チリ、ゴミ等を軟水器とフィルターを通して徹底的に除去。この水と塩水を電気分解することにより、「アルカリ性電解水」と「酸性電解水」が生成されます。

マイナス(-)の電極側から洗浄力の高いpH約12.0のアルカリ性電解水と、
プラス(+)の電極側から除菌力の高いpH約3.0(有効塩素濃度20~70ppm)
の酸性電解水が生成されます。

 

洗浄&除菌。W効果の電解水。汚れの中に潜む菌も、効果的に除去します。

菌が汚れの中に潜んでいる場合、通常の除菌剤だけでは菌を覆っている汚れにガードされてしまい、充分な除菌効果を発揮することができません。そこで、洗浄力&除菌力、W効果の「電解水」。まず「アルカリ性電解水」で、細菌の温床や臭いの元となるたんぱく質・油脂汚れを分解洗浄。その後「酸性電解水」で菌を除去します。

施設の衛生管理に。

食中毒や施設内感染の対策に。電解水を洗濯水として使用した際の除菌効果。

酸性電解水に含まれる次亜塩素酸が、高い除菌効果を発揮し洗濯しながら除菌します。
さまざまな脅威を招く病原菌を除菌

酸性電解水が食中毒の原因となる大腸菌やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌などを除菌します。